美容整形外科で輪郭を綺麗に見せる治療

顔のエラをどうにかしたい

顔のエラをどうにかしたい : ボトックス注射で輪郭を変える : 身近になった美容整形

生まれつき顔のエラの部分が張り出している顔をしていたので、他の人に比べて顔が大きく見えてしまうことにコンプレックスを感じていました。
今まではどうにかして顔を小さく見せるためにもメイクやヘアスタイルでカバーしようと思っていたのですが、顔が大きく見える原因を根本的に解決しないと自分の顔に自信を持つことができないと感じたので、美容整形外科に相談をすることに決めました。
今までは顔のむくみや脂肪、たるみが原因で顔が大きいと感じていたのですが、リンパマッサージやエクササイズを行って顔の余分な脂肪が取れて、余計に顔のエラの部分の筋肉が目立つことに気づいてしまったので、この筋肉をどうにかする必要があると考えて、医療機関で医師とカウンセリングを受けてみました。
最初は美容整形外科で輪郭形成の治療を受ける場合、骨切り術やエラ切除の手術を受ける必要があると思っていたので、体へのリスクや費用面のことも考えて相談をしたのですが、実際に医師に提案されたのは、メスを利用した手術を行わないボトックス注射を利用した治療方法でした。
ボトックス注射に限らず、美容注射のお手入れは今まで一度も受けた経験がなかったので、製剤を体に注入するだけでこのエラの張り出した筋肉をどうにかする事が出来るのかと最初は不安に感じていたのですが、医師から実際に治療を受けた方の症例写真を数点見せてもらったことで、ボトックス注射を打つことで顔の筋肉が小さくなり、張り出していたフェイスラインがすっきりとシャープな印象になっていることに驚きました。